東海道五十三次を歩きました。

2015年秋 お江戸・日本橋から歩き始め、2016年秋 京・三条大橋まで踏破しました。

47. 冬晴れの東海道、富士は右にも左にも。

年の瀬迫る 2015年12月26日 (土)
AM9:30 JR吉原駅からスタートします。

前回 (12月20日) は 駅の南口から入り、帰途につきました。
今回は 駅の北口から出て、東西に走る東海道本線の線路を横断します。

この辺りは「元吉原」と呼ばれ、以前はここに " 吉原宿 " があったそうです。
しかし度重なる高波や津波の被害により、内陸の「中吉原」、さらには「新吉原」に移っていったとのこと。

紙の工場が建ち並ぶ町を歩き、田子の浦港に流れ込む 沼川 に架かる " 河合橋 " を渡ります。
f:id:ofuku53:20170116025918j:image
心も晴れ晴れとするような 良いお天気です。

そして「左富士神社」で両手を合わせます。
f:id:ofuku53:20170116025929j:image

" 左富士 (ひだりふじ) "
この響きに憧憬の念を抱きます。

東海道を東から歩いていると、
富士山はいつも右手に位置していますが
道のうねりのため ここでは左手に見えるそうです。

左富士と言えば、以前にも名所がありました。

神奈川県の " 藤沢宿 " を過ぎ 茅ヶ崎市に入ったところ、「南湖の左富士」と呼ばれる場所です。

※ 当時の様子を、当ブログ過去記事に載せています。

tokaido-aruki.hatenablog.jp

南湖では、あいにくの曇り空のため 富士山を見ることは叶いませんでした。

ここ吉原では、いかが相成りますでしょうか…

f:id:ofuku53:20170116025941j:image

!!

頭を雲の上に出した富士山が こちらを見ています。

" 正面富士 " を眺めながら信号が青に変わるのを待ち、この先 工場の隙間から 束の間の " 左富士 " を楽しみます。

" 右富士 " に戻った頃、和田川 に架かる橋のたもとに 「平家越え」と書かれた石碑を見つけます。
f:id:ofuku53:20170116025951j:image

治承4年 (1180年)
源平の "富士川合戦 " にて。
この付近に陣を構えていた平氏は、水鳥が群れ立つ羽音を源氏の襲来と錯覚し 戦わずして退却したとのこと。

源平を題材としたNHK大河ドラマが数年前に放映されていたことを、にわかに思い出しました。
平家越え の場面、ありました。
なるほど、この地でしたか。

800年の時を経て、土曜朝の穏やかな町を歩いて行きます。

新吉原宿の商店街を通ります。
ご当地グルメ「つけナポリタン」のお店の前に来ましたが…
開店まで わりと時間があるため、立ち寄ることを断念します。

本日の行程は まだ始まったばかりです。
今は1年で最も昼が短い時期だということも、忘れてはなりません。

吉原宿を過ぎて1時間ほど歩き、「本市場」を通ります。
ここは 間の宿 (あいのしゅく) 。
吉原宿と蒲原宿の間で 旅人が休憩できる場所です。

ここから眺める雪の富士山は、中腹に一羽の鶴が舞っているように見えたそうです。
京都の画家 盧洲 が鶴を描き、江戸の学者 亀田鵬斉 が詩文を添えた石碑「鶴芝の碑」が建っています。

きっと当時は見晴らしも良く、賞賛に値する景色だったに違いありません。

現在は住宅が建ち並んでいますが、それでも富士山は確かな存在感で 町の風景の主役となっています。
f:id:ofuku53:20170116030002j:image

本日は清々しく晴れ渡り、いつでもどこでも、富士の姿が目に飛び込んできます。

静岡県富士市」という地名は、もっともなことです。

f:id:ofuku53:20170116030015j:image
マンホールに描かれた絵も、富士山が中心です。

f:id:ofuku53:20170116030024j:image
富士市には「かぐや姫」の伝説もあります。

てくてく歩いていると、背後から自転車が近づいてきます。

「オハヨウゴザイマス。トテモ ヨイ オテンキデスネ!」
留学生でしょうか、女性2人が笑顔で楽しそうに走り去ります。

「おはようございます!」
非常に晴れやかな気分になります。

あいさつは心をつなぐ合言葉。
あいさつは心の架け橋。
… どこかで目にしたことのある標語です。

彼女たちも私も 素敵な1日を過ごせますように。

46.《今昔比較》原

東海道五拾三次之内
原 ( はら ) - 朝之富士 -
〈 江戸より13番目の宿場 〉

f:id:ofuku53:20161231000451j:image

朝焼けの空が 画面上の赤い線で表されており、富士は朝日に照らされ 山頂が枠から突き出すほどの大きさで描かれています。
浮島ヶ原から見える美しい景色に旅人は足を止め 振り返って眺めています。

2015年12月20日 (日)
f:id:ofuku53:20170108163822j:image
この日は 1日を通して晴れていましたが、富士山は雲に覆われ 見ることが叶いませんでした。
けれど 1年に終わりを告げようとする時節にも関わらず、静かな町並みを 穏やかな気持ちで歩くことができました。

45.《今昔比較》沼津

東海道五拾三次之内
沼津 ( ぬまづ ) - 黄昏図 -
〈 江戸より12番目の宿場 〉

f:id:ofuku53:20161229052734j:image

夕方、黄昏時。
月に照らされ静寂に包まれた狩野川沿いの道を、宿場に向けて足早に進む旅人たちの姿が描かれています。

2015年12月20日 (日)
f:id:ofuku53:20170108155528j:image
逆光で暗い写真になりましたが、このとき時刻はAM11:00前。
本日の旅は、沼津を越えて 先に進みます。

44.《今昔比較》三島

東海道五拾三次之内
三島 ( みしま ) - 朝霧 -
〈 江戸より11番目の宿場 〉

f:id:ofuku53:20161228210346j:image

朝霧の中、宿場を旅立つ人たちが描かれています。
三嶋大社の鳥居が霧でかすんで見える様子が、シルエットとして描かれ表現されています。

2015年12月20日 (日)
f:id:ofuku53:20170108155229j:image
前回 (12月12日) 箱根を越えて辿り着いた時は、すっかり日が暮れ 通りゆく車のヘッドライトの眩しさに目を細めながら 鳥居の前を足早に通り過ぎました。

今朝は、雲の絶え間より やわらかく照らす陽光に包まれながら ゆったりとした気持ちで境内を歩きます。

12日後には、新年の華やいだ雰囲気の中 大勢の参拝客が集うことでしょう。

43. 田子の浦に うち出でたなら

沼津の「千本松原」を過ぎ、本日のゴール地点と定めた吉原駅まで JRの駅 4つ分を ひたすら真っすぐ歩きます。

民家が建ち並ぶ 道幅の狭い旧東海道を歩きながら、自分が生まれ育った町に思いを馳せます。

私の故郷は 東海道沿いではありませんが、小学校の前を「旧国道」と呼ばれる道が通っており、近くの神社は日常的な遊び場でした。
初詣・秋祭り・七五三詣などの年中行事で訪れ、木々に囲まれて鬱蒼とした境内にある池は 底無し沼 だと恐れられていました。
旧国道沿いには 同じクラスの友達の家が数軒あり、狭い道幅の両脇に 歴史を感じさせる立派なたたずまいの御宅が並んでいました。

今、私は よその地から足を運び 東海道をいっとき通り過ぎるだけの者ですが、
この地に暮らす人たちには それぞれの日常があり、
昔から 生活の側には いつも富士山が在ったのでしょうか…

とりとめもなく考える時間はたくさんあります。

どこの角で曲がればよいか、気にかける必要がないからです。
JR東海道線の線路と並行して、ただただ一直線。
道を間違える心配は 絶対にありません。

片浜駅を過ぎ、原駅のあたりも東海道五十三次の宿場でした。
かつては "浮島沼" と呼ばれる沼地の周囲に "浮島ヶ原" が広がっており、街道のどこからでも富士山が見えたそうです。

原の宿場を歩きながら右側に目を向け、建ち並ぶ家々の間から遠方を眺めます。

f:id:ofuku53:20161228012010j:image
… 富士山は 雲に覆われ見えません。

本日 富士山の存在を感じたのは、三島駅前 青信号のメロディーと、沼津で見かけたマンホール。
曲や絵柄の題材として採り上げられているくらいなので、本来ならば 雄大な姿を目に収めながら歩くことができたはず。
少し残念に思いながらも さらに真っすぐ歩いて行きます。

"東田子の浦駅" を通り過ぎます。
こぢんまりとして可愛らしい駅舎の壁には 富士山が描かれています。
f:id:ofuku53:20161228012022j:image

田子の浦 (たごのうら) …
たしか百人一首の歌にあったような。

田子の浦に うち出でてみれば
白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ
(山部赤人)

小学生の頃、歌の意味も分からずに 百人一首を覚えることに熱中した時期がありました。

東海道を歩きながら…
なるほど、"田子の浦" とは このあたりだったんだ!
実際に その地を訪れることにより、にわかに歌の意味を心に感じることができます。

万葉の人々が目にした景色。
真っ白に雪化粧した富士の山頂に 雪がしんしんと降り続ける様子が 目に浮かぶようです。

( 歌に詠まれた古来の 田子の浦 は、現在とは異なる場所だったようです。)

まもなく日が沈もうとする頃、吉原駅に着きました。
f:id:ofuku53:20161228012035j:image

電車に乗る前に 近くの " 田子の浦港 " まで足を延ばします。
f:id:ofuku53:20161228011915j:image

富士山は もう見れなくてよいのです。

見知らぬ町の冬の夕暮れ。
ただそれだけで心に染み入り、
夕陽が静かに照らす港を じっと見つめます。

今日という日を振り返りながら
帰りの電車を待つ駅のホームは とてものどかな空間でした。

向こう側から ご婦人が近寄ってきます。
-岳南鉄道の乗り場はどちらですか?
--すみません、私も初めて来ましたので…

----------
★第8日目
2015年12月20日 (日)
三島→沼津→原→吉原
   資料上の距離 : 23.4km
   歩数計 (1日) : 25.76km / 44,601歩

42. 富士の姿を追い求め…

三嶋大社を参拝し、新たな気持ちで次なる一歩を踏み出したのは 2015年12月20日のことでした。
そしてちょうど1年後の今、このブログを記しています。

時は過ぎゆくものですが
旅の記憶は 時空を超えて、まるで昨日のことのように思い起こされます。

----------
三島宿を過ぎてしばらく進むと、道を挟んで両側に "一里塚" があります。
f:id:ofuku53:20161221005007j:image
道の右側「玉井寺 (ぎょくせいじ) 一里塚」は往時の姿を留めており、江戸 日本橋から29里目 (113.9km) にあたります。

その先 八幡神社の境内には2つの石が置かれており、" 対面石 " と呼ばれています。
f:id:ofuku53:20161221005017j:image
治承4年 (1180年) 平氏追討のため挙兵した源頼朝が 鎌倉からこの地まで出陣したところへ、弟の義経が奥州から馳せ参じ 2人は対面を果たしました。
このあと義経は西へ進み、一ノ谷・屋島・壇ノ浦の合戦で戦功をあげ 平氏を滅亡に追いやりますが、その後 一転して兄 頼朝から疎まれ 命を狙われる身となるのです。
この石に腰掛け 源氏再興の決意を共にした兄弟が、後に決別する運命を辿ろうとは…

などと思い巡らせながら歩を進め、
" 黄瀬川 (きせがわ) " に差しかかったところで右手に顔を向けてみます。
f:id:ofuku53:20161221005029j:image
… 富士山は見えません。

黄瀬川は やがて狩野川に注ぎ込み、
旅する者は沼津宿に足を踏み入れます。
f:id:ofuku53:20161221005039j:image

かつて沼津は城下町でしたが、大火や戦災・道路の区画整理などで宿場の面影は失われてしまったようです。

ところで、沼津の漁港には 新鮮な海の幸をいただくことのできるお店がたくさんあります。
「昼食は沼津港で!」と思いつきましたが…
以前 沼津を訪れた折、たしか駅から港まで 車でもわりと距離があったことを思い出します。
今回、東海道から大幅に逸れ 徒歩で港に向かうなどという時間の無駄遣いは許されません。

足先を 港から東海道に方向転換して歩いて行くと、ほどなくして「千本松原」へ。
あたり一面、松林です。
f:id:ofuku53:20161221005049j:image

千本松原は、駿河湾 (千本浜) に沿って続いています。
f:id:ofuku53:20161221010042j:image

やっぱり富士は 見えません。
f:id:ofuku53:20161221010051j:image

富士山の姿を探し求めながら 沼津を後にして、次の宿場へ向かいます。時は午の刻。

(つづく)

----------
《 本日のマンホール 》
f:id:ofuku53:20161221180240j:image
富士山と愛鷹山 (あしたかやま) が、足元に。

 

41. 第2ステージ 新たな1歩

応募券を切り取って 葉書に3枚貼り付けます。
郵便ポストの前に立ち
「よろしゅう、おたのもうします。」

----------
話は、2016年秋の京都・三条大橋から
1年前 (2015年) の静岡・三島まで遡ります。

箱根を越える以前は、「前回歩き終えた地点」まで 通常の乗車券 ( ICカード) を用いて電車移動していました。
今ここに " 青春18きっぷ "のシーズンが到来。
" 東海道五十三次を歩く旅 " と同時に " 東海道を各駅停車の電車で移動する旅 " も始まります。

毎回、数時間かけての電車往復。
旅の目的は「歩くこと」

----------
2015年12月20日 (日)
第8日目

午前8時過ぎ
JR三島駅に降り立ちます。

「ふじの山」の旋律は 駅前の空に悠々と鳴り響き、相変わらず急に途切れたかと思うと青信号が点滅します。
今日もまた「日本一の山」に お目にかかれるでしょうか。

小川のせせらぎ に耳を澄ませながら、
" 水辺の文学碑 " が並ぶ道を歩いて行きます。

冬の柳の木は 殺伐として
枝の隙間越しに見える薄曇りの空に
そこはかとなく もの悲しさが漂います。

花壇には 緑の葉と 黄 橙 紫 白の花が、
灰色の風景に あたたかい彩りを添えています。

三島にゆかりのある文学者たちの作品が刻まれた石碑。
彼らが この地で過ごした日々に想いを馳せながら歩を進めると、鳥居の前に 辿り着きました。

身の引き締まる 冬の朝。
澄んだ空気を吸い込んで、三嶋大社でご挨拶。
今年も残り あとわずか。

これまでの人生において、神社やお寺を参拝する折には
「◯◯できますように!」
と、まるっきり他力本願で漠然としたお願い事を 神様 仏様に申しておりました。

東海道を歩きながら寺社仏閣に立ち寄る場面も多々あります。
いつからか、
" ここまで無事にたどり着けたことに何よりも感謝し、この先も安全に旅を続けたいと ただそれだけを願う気持ち "
が、心の底から自然と湧き上がるようになりました。

これは " 東海道五十三次歩き " だけの話にとどまることなく、自分がこれまで歩んできた道 そしてこの先に進んでゆく日々にも通ずる話です。

「ここまで無事に来ることができました。
ありがとうございます。
今後も道中なにとぞ無事たらしめんことを〜」
と、文法が正しいかどうかはさておき、
おごそかな気持ちで神様にご挨拶するのでした。

2日間かけて箱根の山を越え 三島に辿り着き、東海道歩きの次なるステージに立った私は、
京都に向けて新たな気持ちで 1歩を踏み出します。


f:id:ofuku53:20161130014107j:image
三嶋大社伊豆国 一の宮
源頼朝が源氏再興を祈願し 成就しました。
境内には、源頼朝北条政子が百日の日参をした際に休息したと伝えられる " 腰掛岩 " があります。

お正月には大勢の初詣客で賑わい、
春にはソメイヨシノと枝垂れ桜が咲き誇り
秋には樹齢1,200年の金木犀が香ります。