東海道五十三次 歩いてます。→歩きました。

2015年秋 お江戸・日本橋から歩き始め、2016年秋 京・三条大橋まで踏破しました。

26. 初富士 -東海道 歌あるき-

ささのは さらさら
のきばにゆれる
おほしさま きらきら
きんぎん すなご

平塚駅発車メロディーは、ホームごとに曲調が異なります。

----------
2015年11月21日 (土) AM7:30
平塚駅の北口に出て、第5日目の東海道歩きを開始します。

平塚宿をぬけ、丸い形が特徴的な高麗山 (こまやま) と 花水川 (はなみずがわ) を眺めながら進んで行きます。
f:id:ofuku53:20160904213539j:image

その先には静かな松並木が続き、大磯宿に入ります。

万葉集古今和歌集などにも詠まれた
「こゆるぎの浜」と呼ばれる海岸地帯に、明治時代には 各界の名士や文豪たちの邸宅・別荘が立ち並んでいたそうです。

また、大磯は「海水浴場発祥の地」であり、明治時代に医療として始まった海水浴が娯楽に転じていったとのこと。

ここで「大磯城山公園」に立ち寄り、高台にある展望台に登ります。
f:id:ofuku53:20160904213551j:image
彼方には、東海道を歩き始めてから 初お目見得 となる富士山を望むことができます。
藤沢と平塚の間では あいにく「南湖の左富士」を見れなかったので、感動もひとしおです。

これから目指す箱根の山々も見渡せます。
今は遠くに見えますが、いずれ歩いて行くのです。
私、本当に箱根を越えるのかな…?
自分のことながら 半信半疑です。

犬と一緒に 山と海を眺めている人がいます。
家族連れが お弁当を広げています。
独特な体操をしているおじさんもいます。
過ごし方は人それぞれです。

公園内を散策していると、赤く色づいた木の葉が目に映ります。

秋の夕日に 照る山もみじ〜

ワンコーラスを歌いかけたところで冷静に見ると、もみじの木 ではありません。
夕日どころか さわやかな秋晴れの空の下、紅葉した木を見たのが嬉しくて つい口ずさんでしまいました。

大磯は素敵なところです。
清々しい気持ちで歩いて行きます。

現在 海岸に最も近い道路は「西湘バイパス」ですが、内陸側に並走する「国道1号」を主に歩き 小田原に向かいます。
さらに内陸には JR東海道線が走っています。

大磯駅を過ぎ、この日は何気なく二宮駅前を通り過ぎましたが…
その後しばらく経ち、とある情報を仕入れます。

"二宮駅発車メロディーが 2016年1月から
「朧月夜 (おぼろづきよ)」に変更されます。"

このニュースを見聞したときは嬉しくなり、後に電車移動で二宮駅を通過する度に そのメロディーを耳にすることになります。

そして春には、東海道を歩きながら 菜の花 を見かけると 歌が口をついて出るようになるのです。

菜の花畠に入り日薄れ
見渡す山の端 霞深し
春風そよ吹く空を見れば
夕月かかりて におい淡し

さて、気持ちを秋に戻して歩いて行きますと、「近戸神社」の標石があります。
ちょっと行ってみようとしたところ、不意に電車が接近する音が聞こえます。
f:id:ofuku53:20160904213605j:image
東海道線の列車が通過しました。

旅先で電車が近づく音が聞こえると、何故だか分かりませんが「撮らなきゃ!」という心境になってしまいます。

近戸神社からは相模湾を一望できるようですが、一望できるということは この線路を越えて小高い場所に登るのだということに気づきます。
「近」という名前とは裏腹に意外と遠そうなので、行くのを諦めました。
小田原まで まだかなり距離があるので、先を急がなければなりません。

このあと延々と国道1号を歩き続け、1時間半ほど経った頃でしょうか…
「酒匂川 (さかわがわ)」に到達します。
f:id:ofuku53:20160904213635j:image
現在は橋が架かっていますが、江戸幕府は防御のため この川に橋を架けませんでした。

川を渡り さらに進むと、小田原城下の宿場町に入って行きます。
老舗の かまぼこ屋さんが多数 立ち並んでいます。

だいぶ日が傾いてきました。
f:id:ofuku53:20160904213648j:image
本日は小田原城をゴール地点と定めます。
f:id:ofuku53:20160904213702j:image
なんと、天守閣は耐震改修工事中。
(2016年4月まで)

豊臣秀吉 率いる天下の大軍勢に攻め入られ、籠城の末に降伏し城を明け渡した北条氏政・氏直の父子も驚きの光景です。

17:00 近くなり、辺りが薄暗くなってきたので本日はこれにて終了。

JR小田原駅発車メロディーは「お猿のかごや」です。
軽快なこの曲も、今後 小田原駅を通過する度に耳にすることになります。

えっさ えっさ えっさほいさっさ
お猿のかごやだ ほいさっさ
日暮れの山道 細い道
小田原提灯 (おだわらぢょうちん) ぶらさげて
それ やっとこ どっこい ほいさっさ
ほーい ほいほい ほいさっさ

f:id:ofuku53:20160904213720j:image
小田原駅 改札の上には、大きな提灯が。
(写真は 第6日目の朝に撮影したものです。)

----------
★第5日目
2015年11月21日 (土)
平塚→大磯→小田原
   資料上の距離 : 18.5km
   歩数計 (1日) : 29.71km / 48,043歩