東海道五十三次 歩いてます。→歩きました。

2015年秋 お江戸・日本橋から歩き始め、2016年秋 京・三条大橋まで踏破しました。

40. ◇ 暮らしの中にも東海道

東海道五十三次 " 完歩 " の余韻を残しながら、
" かんぽ " 生命ではなく " ゆうちょ " 銀行に用事があり 郵便局に足を運んだときの話です。

窓口には様々なお知らせや商品が掲示されています。

そのとき、目に留まりました。
記念切手「東海道五十三次」の案内が。

興味を惹かれながらも その場は一旦退散します。

しかし、やはり気になります。

今度は別の大きな郵便局に赴きます。
" 日本郵便が手がける商業施設 "  内にある その郵便局では、多数の記念切手を閲覧でき 購入することができます。

福沢諭吉さんを片手に、買いたい切手を吟味します。

国際文通週間 (2016年10月7日 発行)
f:id:ofuku53:20161123202530j:image
額面は90円・110円・130円
国際郵便にちょうど良い額面ですが、
海外宛てに手紙を書くことはありません。

絵柄はもちろん、歌川広重
東海道五拾三次之内
沼津 (ぬまづ)・藤枝 (ふじえだ)・二川 (ふたがわ)

全部 訪れました!
という、この感動。

これまでにも、東海道五十三次を題材とした記念切手が 43宿場の絵柄で発売されていたとのこと。
知らなかった…

そして、東京都の切手。
この中にも「東海道五拾三次之内 日本橋」の絵柄があり、感動的です。
f:id:ofuku53:20161123202551j:image

ちなみに「日本の城シリーズ」も、
この10城に限って言えば あと2城 訪れたなら全制覇です。

----------
そして時を同じくして…
スーパーマーケットに買い物に行ったときの話です。

遠目に お茶漬けふりかけ の売り場が見えました。

そのとき、かつて永谷園さんの商品に封入されていた「浮世絵カード」が思い起こされました。

浮世絵カードについては、当ブログ過去記事に記しています。

tokaido-aruki.hatenablog.jp

…しかし それは過去の話。
残念ながら今は入っていないのです。

懐古的な気持ちを打ち消して、
売り場に近寄ることなく お店を後にしました。

ところが その数日後。

なんと「19年ぶりにカード復活」という情報を得ました!
2016年11月出荷分から、商品にカードが封入されているとのこと。

あのとき、お茶漬けふりかけ売り場から、東海道五十三次が 私に呼びかけていたのかもしれません。
「カード入ってるよ!」と。

これはもう、今すぐ欲しい 早く見たい。

いそいそと食料品店に向かいます。
あるかな? どうかな?

ドキドキ ワクワクしながら売り場に向かうと、とても分かりやすいパッケージが目に飛び込んできます。
f:id:ofuku53:20161123202618j:image
これです!

隣には、10月以前に出荷されたと思しき定番のパッケージが並んでいますが、絶対に間違えてはいけません。
たとえ半額だったとしても、あいにく そちら様に ご用はございません。

どこの宿場のカードが入っているかな?
はやる気持ちを抑えつつ 開封します。
f:id:ofuku53:20161123202635j:image
入ってました! そう、これ!

記念すべき1枚目は、
東海道五拾三次之内 宮 (みや)」
名古屋の熱田神宮です。

もちろん、この場所も訪れました。
とても気分が盛り上がります。

カードの裏面には、昔からお馴染み プレゼントキャンペーンのお知らせが記載されています。

応募券3枚1口、抽選で毎月1,000名に
東海道五拾三次カードフルセット」が当たるとのこと。

以前は 15枚1口で郵送し、当選者数はもっと多かったと記憶しています。
応募するための負担は軽減されましたが、どうか1,001名以上 応募しませんように。

しかし、四隅の三角形の応募券を切り取ることにより カードを犠牲にした当時に引き換え、今回はパッケージに応募券が付いているので カードは無事。
これは嬉しいことです。

とにもかくにも 応募するしかありません。

私の日常には「東海道旋風」が巻き起こっています。

----------
※ 当ブログに掲載した切手の画像について

画像をブログに掲載すること自体は 法律の取締りの対象とはならないが、掲載した写真が印刷された場合には 法律に抵触する可能性があるとのことです。