東海道五十三次 歩きました。

2015年秋 お江戸・日本橋から歩き始め、2016年秋 京・三条大橋まで踏破しました。

53.「薩埵峠」

由比宿を過ぎ、寺尾・倉沢という地区の静かな街道を歩いて行きます。
f:id:ofuku53:20170617211729j:image

そして眼前に現れた急坂を登って行くと、
f:id:ofuku53:20170617211858j:image

左手に駿河湾が広がります。
f:id:ofuku53:20170617211840j:image
とっても開放的!

f:id:ofuku53:20170617211921j:image
みかんの木 に 静岡らしさ を感じながら
後ろを振り返ると、

f:id:ofuku53:20170617211949j:image
富士山がこちらを見ています。

f:id:ofuku53:20170617212008j:image
心を弾ませながら坂道を登って行きます。

f:id:ofuku53:20170617212025j:image
駿河湾

f:id:ofuku53:20170617212042j:image
富士山。

f:id:ofuku53:20170617212056j:image
みかん。

f:id:ofuku53:20170617212115j:image
やっぱり富士山!!

高揚感に包まれて、足取りは非常に軽やかです。

ここは「薩埵峠 ( さったとうげ ) 」

富士山が望める景勝地であり、歌川広重の浮世絵に描かれています。

f:id:ofuku53:20170617212136j:image

澄みきった空
白い雲を身にまとう富士山
深く青い海

薩埵峠は、急斜面と海に挟まれた交通の難所です。
現在は、国道1号東名高速道路JR東海道本線といった重要な交通網が集中しています。

かつては重要な戦略地点でもあり、度々合戦の舞台となったそうです。
(南北朝時代には 足利尊氏 対 弟の足利直義 /
戦国時代には 武田信玄今川氏真北条氏政)


今日は絶対に晴れてほしかった。
この景色を見たかったから。

眼に映る空と海のように、嬉しさで満たされた気持ちがどこまでも広がります。

---
思い返せば当ブログ開設時、最初の記事に載せたのは この薩埵峠から望む富士山の写真でした。

tokaido-aruki.hatenablog.jp

(当初の甘い見積もりに反して、ブログの更新は非常にゆっくりとした速度を保っています。)

---
f:id:ofuku53:20170617212158j:image
年の瀬だということを忘れてしまいそうな、日差しの明るい のどかな峠道。

みかん運搬用のレールが敷かれています。

f:id:ofuku53:20170617212224j:image
ハイキングを楽しむ家族連れの姿も見受けられました。

f:id:ofuku53:20170617212239j:image
本当に素晴らしい眺めです。
広い海と、海岸に沿った道路の対比が何とも言えません。

f:id:ofuku53:20170617212253j:image
ありがとう、富士山。

しつこいくらいに後ろを振り返り、名残を惜しみながら峠を下ります。

f:id:ofuku53:20170617212311j:image

f:id:ofuku53:20170617212325j:image

---
麓に下りてきました。
地元の方と思しき年配の女性がゆっくりと歩いています。

今日は暑いねぇ。
本当に、良いお天気ですね。

言葉を交わしながら、晴れやかな気分で次の宿場へと向かいます。